テスリックス

手すりの話

手すりの話

L型手すりは不便だった *新しい格子状の手すり『テスリックス』の紹介*  現在、安全安心のために、『手すり』が使われています。住宅、公共施設等において『手すり』の設置は増加してきましたが住宅ではまだ半数以上が設置されていないのが現状です。 さらにトイレ等においては、そもそも不便なL型手すり 
手すりの動向

手すりの動向

トイレ(便所)の手すり自由度の高い手すり『テスリックス』 手すりの分類 第1は、階段、廊下等で手を滑らせながら使う方法。 第2は、浴室、トイレ等で、体の上下左右移動の補助として使う方法。 第1を歩行補助手すり、第2を動作補助手すりと呼ぶ。 第2は、I型手すりとL型手すりが使われていたが、今 
手すりの将来

手すりの将来

将来、手すりを設置するときのことを考えてみてください。 手すりの必要性を感じた時は...  手すりは将来バリアフリーを考えた時に必ず必要に迫られてきます。その時のために設置する可能性のある壁等は下地をしっかり入れておくことが大切です。 そしてこの福祉の手すり『テスリックス』ぜひとも検討して 
手すりの分類

手すりの分類

L型からマトリックスへ福祉の手すり『テスリックス』 第1は 階段、廊下等で手を滑らせながら使う手すり。 第2は 浴室、トイレ等で体の上下左右前後移動の補助として使う手すり。 第1を歩行補助手すり、第2を動作補助手すりと呼んでいます。 第2は今までI型手すりとL型手すりが使われていましたがこ 
『テスリックス』による足腰トレーニング

『テスリックス』による足腰トレーニング

■手すり足腰トレーニングの効用 ■日常の生活を維持するために人はさまざまな予防を考えます。 ■人の衰えはまず、足腰からくると言われています。 ■日常の生活の中に、足腰を鍛える、それも手軽に鍛錬できる、ゾーンを作って見ませんか。 ■未来のあなたの健康のために 
えるがた

えるがた

■自分の思い込みの、ひどさと、思考の狭さを痛感した。 ■L型手すりというものがある。 ■福祉のトイレなどについている、手すりの形状がL型をしている手すりである。 ■あるとき、手すりのL型で小さな子供が頭を強く打ったという話を聞いた。 ■私はすぐにL型手すりと思ったが、実際はそうではなかった 
手すりと運動

手すりと運動

■ずっと以前、ノーマライゼーション 、バリアフリー という言葉を聞きました■今ユニバーサルデザイン ・・・。ノーマライゼーション 、バリアフリーはどこに行ったのでしょうか。■ユニバーサルデザイン云々とさまざまな議論がなされます。これは単なる言葉遊びに過ぎないと思います。 ユニバーサルデザイ 
これから手すりをつける方が知っておきたいこと

これから手すりをつける方が知っておきたいこと

手すり、第1は、階段、廊下等で手を滑らせながら使う方法。第2は、浴室、トイレ等で、体の上下左右移動の補助として使う方法。 第1を歩行補助手すり、第2を動作補助手すりと呼ぶ。 第2はI型手すりとL型手すりが使われていたが今ではこれらよりもっと便利な格子状の手すりテスリックスが使われている。 
手と道具と名前

手と道具と名前

玄関の手すりテスリックス 『手』のついた名前 ■身の回りの道具の名前をみると面白い。■手桶、手鏡、取手、玉手箱、手押し車、手綱、手水鉢、手斧、手懸、手篭、手傘、手瓶、手車、手棹、手提げ、手札、手錠、手盥、手樽、手帳、手灯台、手燭、手点、手取釜、手取鍋、手風琴、手旗、手窓、手袋、手毬、手拭、 
手すりとユニバーサルデザイン

手すりとユニバーサルデザイン

■ずっと以前、ノーマライゼーション 、バリアフリー という言葉を聞きました。■今ユニバーサルデザイン ・・・。ノーマライゼーション 、バリアフリーはどこに行ったのでしょうか。■ユニバーサルデザイン云々とさまざまな議論がなされます。これは単なる言葉遊びに過ぎないと思います。 ユニバーサルデザ 
安全の誓い

安全の誓い

私たち社員一同は、松屋産業株式会社の経営方針のもと、労働災害絶滅を目標に、日々努力しております。 どんなに時代の急激な変化があろうとも、現場の安全確保の重要性に変わりはなく、常に危険予知活動にも、細心の注意が要求されています。 安全週間のスローガンを旗印に掲げ、我々の意識を改革し、安全に取 
老楽(おいがく)

老楽(おいがく)

老楽の探求  私たちは自分で考えた老後の快適な生活を送る権利があります。と同時に、できるだけ社会や家族に必要以上の負担をかけないようにする義務もあります。 健康で朗らかな老後を暮らせるよう老楽の探求をしましょう。 バスルームの手すりテスリックス 
美しい日本と手すり

美しい日本と手すり

テスリックス木製 ■私は常々、文化と文明に着目している。 ■ある分野の文化と文明はそれがうまく両輪となって進展するとき人類に貢献すると思う。 ■今、日本では福祉文化がやっと芽生え始め、それにあわせて福祉文明も進展し始めた。 ■私が注目する手すりの分野はまだまだこれからだと思うが期待している