手すりの種類とチェックポイント

 手すりは、転倒防止、安全確保の上で必要かつ重要な設備です。用途や場所によってさまざまな形状や機能のものがあり、玄関、階段、トイレ、浴室など多くの箇所に使われています。
 今回は特にどの手すりより使いやすい、格子状の手すり『テスリックス』を使用する上での、チェックポイントを説明いたします。

1.玄関の手すり

手すりの種類とチェックポイント

 段差の大きい玄関にお勧めです。この手すりにより身体の安定と心の安心を得る事が出来ます。
 このように玄関に手すりを設置すると、外出に対して意欲が湧き出ます。福祉の手すり『テスリックス』は自立生活を支援します。

2.出入口の手すり

手すりの種類とチェックポイント

 ドアの近くに何も掴まる所がないと、ドアの開閉時に転倒などの事故が起こる可能性があります。ドアあるいは引き戸の近くに設置すれば、しっかり身体を支えて、開け閉めする事が出来ます。床面からテスリックスの下端まで約1mぐらいの高さに設置します。福祉の手すり『テスリックス』は自立生活を支援します。

3.トイレの手すり

手すりの種類とチェックポイント

 トイレの手すりは、立ち上がり動作と座る時の動作に適した手すりを設置します。取り付け高さは、写真の「テスリックス」であれば、下端で60センチから70センチぐらいです。位置はある程度のところに設置すれば、あとはテスリックスのどこでも掴める機能が助けてくれます。
 材質はプラスチック製と木製があります。温かい優しい手すりです。

4.お風呂の手すり

手すりの種類とチェックポイント

 お風呂用手すり・浴槽手すりは、浴槽への出入りの動作、あるいはまたぎ動作に不安がある方が、体を支えて移動可能にする、重要な手すりです。
 出入りする箇所と、浴槽から起き上がる時、又は浴槽につかる時も、この便利な手すり『テスリックス』があると安心です。
 脱衣所にも手すりを設置すると安全度も増します。

5.階段の手すり

手すりの種類とチェックポイント

 階段の手すりは、上る時も降りるときも、安全を確保する、非常に重要な手すりです。両サイドにつける事が理想ですが、一般住宅では片側でも設置すれば非常に有効になります。取り付け高さは段鼻からこの『テスリックス』の下端で60cmから70cm程度にします。階段の降り口や上り口の部分にはこのテスリックスをしっかり配置し、身体のバランスをしっかり保持できる箇所に設置するのがポイントです。

6.脱衣所の手すり

手すりの種類とチェックポイント

 脱衣所の手すりは、立ち上がり動作やドア付近の移動に対応しなければなりません。
 また脱衣中に『テスリックス』に体をもたれかける動作にも向いております。これは体をあずけることで両手を塞ぐことなく安全に脱衣が出来るからです。
 その為には、肩の高さよりも少しだけ高い位置にテスリックスの上端が来るようにしていだだければOKです。このように気楽に設置出来るのは、自由度の高い『テスリックス』の最大の特徴です。