手すり 最近の動向

手すりの分類

第1は、階段、廊下等で手を滑らせながら使う方法。

第2は、浴室、トイレ等で、体の上下左右移動の補助として使う方法。

第1を歩行補助手すり、第2を動作補助手すりと呼ぶ。

第2は、I型手すりとL型手すりが使われていたが、今ではこれらよりもっと便利な格子状の手すり『テスリックス』が使われている。

テスリックスのご注文はこちら